初めての乗馬を成功させるために

初めての乗馬乗馬のビギナーなので、やり方が分からないとおっしゃられる方がいらっしゃるかもしれません。
乗馬は動物と一緒に行うスポーツです。馬を上手にコントロールし、スポーツとしてではなく、
散歩など趣味の分野でも幅広く楽しめます。

もちろん馬と一緒なので、難しいと感じられる方もいらっしゃいますが、
乗ってみると意外とちゃんと支持に従ってくれ、また愛おしさも感じる事でしょう。
ですが不安要素を少しでも減らせる様、ビギナーの方にはきちんと基礎知識を身につけて、
馬に乗っていただきたいと思います。まず、最初は馬と仲良くする事が重要です。

乗馬用品専門店のエポナはこちら

コミュニケーションを取り、馬と自分の絆を深めていきましょう。

馬は非常に臆病な動物です。体が大きいからと言って決して獰猛と言う訳ではありません。
感受性等も強いので、傷つきやすいので優しくしてあげて下さい。

馬の記憶力は非常に良く、ちゃんと躾をすれば覚えてくれるので人間が乗りやすい生き物なのです。
乱暴に扱うとその事もはっきり覚えているので気をつけましょう。
馬の平均の寿命は20~30年程と言われています。40歳まで生きれば長生きな馬ですが、
ギネスに乗っている馬は62年も生きた様です。就寝時間は4時間程です。

草食動物なので常に警戒心が強く睡眠時間が少ないのです。
寝姿は3本の足で立って寝たり、腹ばいになったりします。子馬に横たわって眠る事もあります。
瞳は大きく、視界がとても広いです。後頭部の真後ろ以外は350度見えるのです。
単眼視と言い、左右で別々の物を見る事が可能で草食動物は常に肉食動物に狙われている為、
早く物の認識して逃げるのに役立ちます。眼球も大きくて奥行44mm、縦横48mm、重量100g程あります。
鼻は長く、馬は犬程ではありませんが嗅覚は鋭いです。
自分の子ども・飼い主等の区別が出来、帰巣本能が強く、臭いで嗅ぎ分けている様です。
大きさの理由は、馬は鼻呼吸なのでたくさん空気が吸える様になっています。
走る時は鼻穴を大きく開かせます。

乗馬スタイルは、ウェスタンやブリティッシュと言う二つのスタイルで乗ります。

乗馬の仕方どちらのスタイルも乗る所は同じで、馬につける馬具、そして手綱の使い方に違いを表します。
ウェスタンの乗馬方法は、欧米で牛を集める為のパートナーが馬である所から進化した乗馬法で、
人間がもっと軽い手法で馬に動いて貰える様になりました。
馬が自ら乗り手の支持を受けやすい様にするのを目的としています。
服装はジーンズやブーツと丈夫な物で、日よけと草木避けにストローハットをかぶって、
邪魔にならない様な仕様にしています。

今現在レイニング・トレイル・プレジャー・カt6ティング・バレルレースという競技が存在します。
ブリティッシュはスポーツ乗馬で、服装もブーツ・キュロット・燕尾服・シルクハットと言ったフォーマルな服装です。

オリンピックでも開催されている場乗馬術・障害馬術・総合馬術等の競技が開催されています。
馬の種類はサラブレッドが有名ですが、様々な種類があります。
クォーターホースと言う馬は17正規初頭にスペインに基づく馬から生み出された最初のアメリカ原産の種類です。
体は小さく、筋肉隆々で瞬発力もあり、素早く更に非常に賢く人の支持に従います。
イギリス移民は農作業や牛集め、木材運び、日々の仕事を馬と一緒に行いしました。

4/1(つまりクォーター)マイルの長さで競技を行ったのでクォーターホースと言われる様になったそうです。
体の高さ143~160センチ程です。
アパルーサはアメリカのアパスーサは18世紀にネズパース族のインディアンにより持ち込まれたスペイン馬をベースに生まれました。
体の高さは142~152センチ程です。サラブレッドは徹底的に品種改良された物と言う所から発祥された名前です。
競馬ではよく聞く名前で、優秀な早い馬を交配血統です。
ポニーは、体の高さは147cmよりも低い馬です。
乗馬スタイル
日本在来馬の木曽馬と御崎馬もポニーで競馬場等で子ども達と写真を撮ったりするのをよく見かけ、
愛玩用として人気です。他の種と同様に力も強く、賢いです。世界で唯一最小のファラベラと言う種類は体の高さが60cm程しかありません。
ペットとして活躍しています。